現場の流れ・施工状況
地球環境にやさしい地域循環型の家づくりを行っています

四日市市S様邸(OMソーラーハウス)

現場の流れ

基礎工事から完成までの流れを紹介しています。

地盤の強度はとても重要地盤調査をして分析、検討します。 遣方、掘削も済み、砕石を入れているところです。 ランマーを使って、しっかりと締め固めます。
防湿フィルムで地盤からの湿気をおさえ、断熱材で熱の出入りを防ぎます 鉄筋の配筋後、第三者機関の厳しい検査を受け、ベースの生コン打ちに入ります。 ベースコンクリートも打設され、立ち上がり部の型枠も取付け完了です。
生コンを流し込み、バイブレーターでよく締め固めています。 ベタ基礎の完成です。 耐蟻・耐久性のある桧の
4寸角の土台です。長い金物は、ホールダウン金物です。
基礎、土台、柱を緊結します。
現場に木材が搬入されました。「三重の木」の杉の太い梁材です。 建て前に先立ち、柱と梁を組んでいってるところです。 いよいよ建て方当日。段取り良く、順次、組み上げていきます。
1階がそろそろ終了です。 2階を組み始めました。 屋根垂木を取り付けているところです。この後、コンパネなどを取り付け、ルーフィングを施工します。
「三重の木」の認証シールです。県の補助金制度があります。 外周部は面構造で、耐震力をアップ。(ダイライトを使っています。) 1・2階共、床下地に28ミリ厚の構造用合板を使用。剛床として耐震力を高めます。
基礎・土台・柱を緊結するホールダウン金物や、耐力壁になる筋交いもしっかり固定されました。 外回りに、透湿防水シートを施工しているところです。雨水はシャットアウトし、壁体内の湿気は外に逃がします。 外周基礎周りにも断熱材を施工して、断熱効果をさらに高めています。
壁の断熱材に、ここでは、高性能グラスウール(16K相当)を使っています。 ここの現場も、既製品の工業製品は使っていません。大工さんが、刻み、カンナをかけて仕上げていきます。 窓枠は、杉の無垢材を使っています。ここにも、自然のぬくもりが感じ取れます。
床材は、18ミリ厚の杉板です。柔らかい分、傷はつきやすいですが、肌触りや歩行感はとても心地よいものです。 階段材には、桧を使いました。固めの材でないと、角が欠けてきたりします。 OMソーラーの屋根。棟に近いところに、温まった空気を取り込む穴を開けているところです。
小屋裏から見たところです。この後、棟ダクトと呼ばれる物を取り付け、ハンドリングボックスに接続していきます。 屋根材の裏に空気の通り道が設けてあります。空気に熱が伝わりやすいよう、屋根は、ガルバリウム鋼板葺きです。 こちらは、外壁にガルバリウム鋼板を施工しているところです。
黄色っぽい壁は、火山灰・シラスが主原料の「そとん壁」です。通気、調湿効果にすぐれ、劣化しずらく、長期にわたり美しさを維持します。 玄関土間には、テラコッタ風のタイルを施工。 下地のボードをパテ処理で平滑にした後、AEP(アクリルエマルジョンペイント)をローラーで塗っているところです。
吹き抜けや階段周りの杉の手摺です。 数々の造作家具は、大工さんに造ってもらいました。 工程も終盤です。各所にかわいい照明も付いてきました。
間口2700のキッチン収納・カウンターです。扉や引き出しは、建具屋さんに作ってもらいました。 大工さん手作りの洗面台です。パイン積層材の板に、大型洗面器をはめ込みました。 キッチンもオーダーです。仕上げ材には、シナベニヤを使っています。
ガラス入りの杉の框タイプです。建具にも、施主様の細かいご要望が入っています。 完成した建物のLDKです。床材は、杉。構造表しの天井です。骨太の「三重の木」がとても心地よい空間です 上部がガルバリウム、下部が薩摩そとん壁(塗り壁)のOMソーラーハウスです。
資料請求・お問い合わせは
  • OMソーラー の家
  • BinO ビーノ
  • 「三重の木」活用住宅
  • フォルクスA
  • コンセプト
  • 資料請求・お問い合わせは 株式会社松田建設 0120-24-7358
  • OMソーラー 太陽熱で床暖房とお湯採り
  • 木の家 環境にやさしい家づくり
  • BinO ビーノ 小さく建てて豊かに暮らす
  • フォルクスA あなたの「したい」を実現する家
  • リフォーム 住み良い家への変身
  • 長く住み続けるために
  • 完成保証で安心
  • 安心な家づくりは地盤から
  • お奨めの断熱材
  • 資金計画